エキマエからの手紙

02月04日(土) AM09:15



車を走らせているとたまに
前を走っている車の後部に
「水曜どうでしょう」
との言葉が書かれたステッカーが
貼られてある時があり
コレを意外と多く見るのだが
どうやらその言葉の意味は
TV番組名らしいのだが
どうもそれを見るたびに心の中で
(どうでしょう? って
何がどうでしょうなんだ?)
と呟(つぶや)いてしまう
意外と心の中では
何を考えているかわからない
ムフフな男の
オムデザイン建築 水澤です。





1~2週間前くらいのお話ですが
駅前のとある割烹屋さんにて
小上りの掘り炬燵(こたつ)テーブルの
足が壊れてしまったという事で
修理に伺ってきました。


こちらの割烹さんは
70歳代の御夫婦二人で営む
丁寧なお仕事の料理を
安く堪能できる割烹さん。

新潟出身で在京の友人が帰省した際
よく利用させていただくお店。

そもそもは
その在京の友人よりご紹介を頂き
それからは年に2~3回くらいの頻度で
お邪魔させて頂いております。





つい先日も
別の在京の先輩と
十数年ぶりの再会にて
同日の最終にて帰るとのことで
駅近くのこちらの割烹で。

昔話や今の仕事のお話に
花を咲かせていたその時
一番端のテーブルから
ガシャーンと大きな声。


視線をやると
年配の紳士がひっくり返り
テーブルもひっくり返っている。

幸い紳士にケガはなかったようだが
テーブルは悲惨な感じに・・・


それから一時間くらいして
新幹線の最終時間も迫り
僕たちもお会計。

その際に女将さんへ
「もしだったら明日
 テーブルの足を治しに来ましょうか?」
と伝えた。

「あっ!
水澤さんプロだったわね!」
と元気と愛想のよい女将さん。



キチンと直そうとすると
翌日の営業までには時間が足らず
応急処置的なことしかできない旨。

そして僕もお酒を飲んで
気が大きくなっていただろう
修理費はいらないという旨。

それを伝えると
翌日には宴会の予約があったらしく
それは非常に助かるとの事で
翌日の営業前の夕方に訪問。



いざ見てみると
思ったより少々重症で
金物を取り付けて固定をし
なんとか復旧。

他のテーブルも
足が緩んでいないかすべて確認し
一応終了。
要した時間は15分程度。



直ったのだが
実際に駐車場代と金具代の
経費が掛かってしまった。

お金は要らないといったモノの
どうしましょ。

恥を忍んで最低限お経費
それはお願いしようと
しかしいくらお願いすりゃいいのか・・・

その旨を伝え
大将と女将さんに
「あの・・・これとこれの経費で
 1,500円だけお願いしてもいいですか?」

すると大将
「ダメダメ!
忙しい時間を作って来てもらったんだから
1,500円なんてことないよ。」
と3,000円を渡される。

それとあわせて気持ちだと
赤霧島という焼酎も一本差し出される。

さすがにこれは貰いすぎだと
お金かお酒のどちらかでと伝えたが
さすがは昭和の漢
一度出したモノは受け取りはしない。

大将から見れば息子くらいの年の僕
ここは子供らしく遠慮せずに
有り難く頂戴をした。




ここまでなら
そこまで特別なお話ではない。

だから ナニ?
イイ事した自慢か?

そんな感じの話になる。





しかし最後にもう一つ
とても素敵なプレゼント
一番嬉しいプレゼント
それが昨日に届いたのだ。



その時の
お礼のおハガキである。



うちの会社は
70~80代という年代の方も多く
過去にも数回別の方からも
お礼のおハガキを頂いたことがある。


コレ
受け取った方は
とても嬉しいです。

それだけで
それが届いたその日は一日
テンションが上がりますし
心が洗われます。

その心遣い。
それを行動に移せる真摯さ。

それに要する時間は
よく考えれば作れる時間。

こんなおハガキを頂くとコチラも
またお店のことで困ったら
助けてやらなきゃ
一目散で駆けつけよう
なんて気持ちになります。

勉強になります。

流石です。


僕も諸先輩より習った事
それにより自分が感じた嬉しい気持ち
今更ながらそれを誰かにも
機会があれば見習いたいと思う。




大将・女将さん
こちらこそありがとう御座いました。


女将さん
ハガキ公表するけど
許してね。

また椎茸焼き食べに行くね。

画像














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ジョニー

    ワタクシも今度連れて行って下さーい!
    2017年02月06日 12:22
  • HOMME

    ジョニーさん!
    モチのロン!喜んで。
    水澤家は、ジョニーさんご夫妻の帰省を心待ちにしていますよ!
    2017年02月06日 22:20

この記事へのトラックバック