ボヘミアン・ラプソディ

11月15日(木) AM11:03



携帯は今でもガラケーで充分
運転でナビは使ったことはない
と言う
この時代になんともカッコイイ
河島英五のような男がおり
僕は彼の時代に惑わされない
そんな姿を尊敬しており
その男とはうちの棟梁・皆川であるのだが
とうとう時代の波には勝てず
先日にやむなくスマホに替えた
との一報を聞きブッたまげ
僕の中では今年最大のニュースとなった
オムデザイン建築 水澤です。






新築の引渡しが迫っていたり
年末の慌ただしさでブログに手が回らず
気付いてみれば11月初となりました。


そんな中でのこの前の日曜
どうしても観たい映画が2本あり
いつ観られるかわからないので
ダブルヘッダーの偉業を敢行しました。



一作品目

『ヴェノム』


スパイダーマン3に
ブラックスパイダーマンとして登場した悪役。

スパイダーマン大好きな僕としては
この映画は待ちわびました。

先に観た映画好きの友人より
「あれはど根性ガエルのピョン吉とひろし」
とのメッセージがあり
その時は今ひとつピンと来なかったが
ナイス表現その通り。


僕の事前の勝手な想像とは
全く異なったストーリー内容であったが
それなりに面白かった。





二作品目

『ボヘミアン・ラプソディ』

有名バンドQueenの自伝的映画。


僕は特別にQueenファン
という事もなくしかし嫌いでもなく
当然有名な曲は知ってますよ
というくらいのモンで
なんとなく観てみようかな?
くらいの感じで行ったのだが・・・

もう最高。

これ以上に楽しみにしていた
ヴェノムを軽々超えていきました。

中学生の頃
フラッシュダンスを観に行ったら
同時上映の愛と青春の旅立ち
そっちの方が面白かった
そんな事を思い出させるくらい
良い意味で期待を裏切ってくれた
そんな最高の映画でした。



最後の20数分は
1985年に各国にて行われた
トップアーティストが集結しチャリティーで行われた
『LIVE AID』と言うコンサートがあり
その様子を完全再現。

その迫力と感動は
あたかも生で見ているかのような
最高の演出であった。





今年も終わりに近づこう
としているこの時期に
素晴らしい映画に出会えてよかった。


その日から暫くは
とてもハッピーな気分に包まれている。

先月のブログに書いた
僕の中では最高の駄作となってしまった
あの映画のうっぷんは
ボヘミアン・ラプソディが完全に晴らしてくれた。


その日から暫くは移動の車中で
僕がQueen熱唱しているのは
言うまでもない。

さっき事務所の音楽を
Queenにしてみたのだが
さすがに全く集中できないので
今はノラ・ジョーンズにチェンジした。



Queenのファンはもとより
(ファンは当然行くわね)
あらゆるジャンルのバンドマン
Queenの曲は誰でも
一度は耳にしたことはあるはずで
さほど興味のない人でも充分に
感動のできる楽しい作品でした。


是非ともお勧めです。



それにしても
来年公開予定の
Marvel史上最強と言われる
『キャプテンマーベル』
が楽しみすぎる。


映画最高。



うちの皆川もスマホを持った今
最強となるのか。


画像















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • はるばる

    時代の流れでスマホやむ無しですね。

    でも良い映画は健康サプリだねぇ😃(笑)
    2018年11月15日 21:08
  • HOMME

    はるばるさん。
    いつもコメントありがとうございます。

    おっしゃる通りです!
    それに比べ、駄作は・・・
    なんでも観りゃイイッてもんじゃないと学びました(笑)
    2018年11月16日 10:22

この記事へのトラックバック