エアコン暖房実験記

01月10日(木) AM09:27



昨年末
建築組合の忘年会に参加をした
弊社の棟梁・皆川が
その日の二次会のカラオケスナックにて
盛り上げようと伝説のバンド
BOOWYの歌を熱唱したと聞き
それを思い出してこの正月休みに
自宅でヘッドフォンを装着しYoutubeにて
BOOWYを聴いていたのだが
最初は大人しかったのだがいつしか
自身が大熱唱モードに入ってしまい
近くにいるカミさんから
うるさいと大苦情を食らってしまった
貴重な休みもたいした事をしていない
オムデザイン建築 水澤です。







今冬に
とある事を自宅にて試しています。



現在の新築のお家は日々
断熱性能が優れて来ています。

それに伴い
冬期の暖房は石油の使用を
あまりお勧めはしていません。

身近な暖房器具では
エアコンも省エネ設計となったので
そちらをお勧めすることが多いです。




そう助言をするアナタも当然
エアコンよね?


我が家はお恥ずかしながら
マイホームを持つと言うそんな余裕は
色々な意味で全くありませんので(笑)
古いマンション住まいなのです。

ですので
最新のお家のような
優れた断熱性は持ち合わせておらず
実は石油ファンヒーター(泣)



しかーし!


今夏に
壊れたエアコンを入替えたのを機に
脱・石油暖房生活チャレンジ!


正直なところ
最初は寒かったぁ。。。


温まるまでに時間を要するので
それまではリビングに
薄い羽毛布団を持ち出して
ホットカーペットの上で包まるという
一杯のかけ蕎麦的な光景が。。。


おまけに乾燥がすごい。

鼻の中がカッサカサ。

湿度計を用意し見たら
湿度30%台の前半。


こりゃイカン。

風邪引く。



という事で
納戸の奥から引っ張り出してきたのは
数年前に購入をした
安物の加湿器。

基本は常に湿度50%付近を目指し
これとエアコンの併用を試みる。



結論。


Good-Bye 石油ファンヒーター。


快適です。
鼻のカッサカサも卒業ですし
何より部屋が暖かい。

なんの問題もなし。


電気代の方はといえば
まだ一か月分しか検証できておらず
かつ ホットカーペットも併用なので
正確な数字とは言い難いのだが
単純計算でプラス約3,000円程度のよう。

灯油代と比較したら断然にお安い。

通販番組であれば
観客のおばちゃん達から大喝采。


湿度50%付近の維持により
今のところは良いこと尽くめです。


ただし
唯一の失敗は
エアコンを寒冷地仕様にしなかったことかな。

寒冷地仕様ではないので
室外機が冷えてしまうと時折
プッシュー。。。。
と嘆きのような切ない音を上げ
動作をボイコットしてしまう。



ちなみにエアコンの
標準仕様と寒冷地仕様の違い
めっちゃくちゃシンプルに説明します。

外気温が低くなると
エアコンの室外機の内部に霜が付着します。
霜を放置し凍結すると
能力も低下し故障にもつながります。

よってすべてのエアコンには
霜取り機能が搭載されています。

標準仕様はこの霜取り機能作動時に
一度運転を停止し
霜がなくなったら再起動します。

寒冷地仕様はそもそも
霜が付着しにくい設計ですし
霜取り時も運転を完全停止しない
そんな機能を持つタイプもあります。

しかし当然本体の価格差がありますので
多少の運転停止も問題なければ
無理に寒冷地仕様は不要かもしれませんね。

我が家もよくよく考えると
霜取り時の一時停止がそこまで
我慢のできない感じではないので
たいした問題でも無いかも。



話を戻して。


今冬は
エアコン生活にて過ごすこと
現時点ではほぼ確定ですね。

エアコン暖房には適度な湿度が必要
という事も
実体験でよーく分かりました。

これからは
自信を持ってまたお客さんに
お勧め説明が出来ると思います。



ちなみに会社の事務所でも
冬到来の早いうちに試みましたが
寒すぎてとても無理でした。
凍死しそうで
仕事どころではありませんでした。

石油ファンヒーター
ガンガンです。


何事も無理は禁物ね。




ホントは
自社で扱っている
薪ストーブが欲しい。。。

画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • はるばる

    僕も薪ストーブ欲しいなあ。
    我が家は古いから煙突の穴はあるんだけれど薪を置いとくスペースの確保が大変だし、買うにしても取りに行くにしても大変そう。
    近所で表に薪を並べている家を見るとすごい羨ましいんですけどね。
    2019年01月11日 16:04
  • HOMME

    はるばるさん。

    コメント有難うございます。
    本年もよろしくお願いいたします。

    仰るとおり薪ストーブを導入するには、ある程度の広さの確保、手間、ご予算等の条件がありますね。

    しかしながらはるばるさんは、全ての条件を兼ね備えてると思いますが(^^)
    2019年01月12日 08:35

この記事へのトラックバック