なんでもやりたがり屋

03月12日(火) AM09:38



僕は小学生の頃から
ノートにキレイに書き記す
と言う事がとても苦手で
罫線なんぞはクソくらえ
と言わんばかりの汚いノートだったのですが
苦手なことはやはり変わらず
今でもシステム手帳の中身といえば
殴り書きで書かれているワードばかりで
子供の頃と比べるとその傍若無人さは
さらに拍車が掛かっているとも思え
たまに手帳を読み返すと
なんと書いてあってどういう意味なのか
書いた自分でも解読不能の時がある
オムデザイン建築 水澤です。






と言いながら
自分で言うのもなんですが
意外とマメなところもありましてですね。



僕はだいたい2~3年くらいで
仕事用の靴を履きつぶします。

仕事の靴選びは
履きやすさ・楽さ・一応見た目も重視。

安い靴はすぐにダメになるし疲れます。
投資と思ってずっとREGALを履き続けています。



今の仕事用の靴は
やはりREGALの革のスニーカー。

もう二年くらい経っており
この靴で現場を雨の中も歩きまくるので
革も汚れて劣化してきます。

ここ最近
お客さんのところへ行くにも
疲れた靴を玄関に脱ぐのが恥ずかしく
しかし靴そのものはまだまだバンバン。

つい先日に思い立って
靴のリフォーム家さんを訪問。

これをキレイに復活させると
おいくらい位ですかね?

答えは僕の靴だと
約8,000円くらい。


高っけぇ~~~。


まぁ蘇ることを考えれば
買うよりは断然安いのだが
なかなか簡単には手が出ない。



という事で出た答えは
自分でクリーニングと手入れ作戦しかない。



早速ネットで調べましたよ。



まずは水洗い。

洗う前に革にお湯が染み込むよう
少し浸しておきます。

浸しすぎるとインナーソールなどが剥離するので
ご注意とのこと。



そしていよいよ洗います。

専用の洗剤があるそうですが
ボディソープでの代用も可能とのこと。

であればわざわざ買わずに
そりゃボディソープさね。

ボディソープを4%だったかな?
とにかくかなり希釈して
歯ブラシやスポンジ使って洗いまくり。

ボディソープを使うので僕は
風呂に入ったついでに洗いました。

靴を洗ったあとに自分のカラダ洗いました。
先に靴です。
まぁ そこはどうでもイイですね。

この時も40℃くらいのお湯で洗いまくります。



洗い終わったら乾かします。

靴の中に新聞紙をいっぱいに詰め込み
屋外の風通しの良いところで置きます。

この時
新聞紙はマメに取り替える必要があります。
とは言え仕事をしているので
僕は朝晩に各一回でした。

僕は3日ほどで完全に乾きました。



乾いたらクリームを。

僕は馬毛ブラシを持っていたので
これを使いました。

馬毛ブラシは安ければ
数百円で手に入るものですので
みなさんも自宅で洗う場合
これはぜひ揃えてあると便利です。

ブラシを掛ければ掛けるほど
まんべんなくクリームが行き渡り
艶と光沢が出てきます。



そして完成がコチラ。
画像



これまたBeforeの写真は
撮ってないんですよね(泣)

まさかこんなにキレイになるとは思っておらず
ブログに載せる想定もしていなかったんです。
です。。。。。
です。。。。
です。。


Beforeはと言うとですね
あのですね
もう 人に見られるのが恥ずかしいくらいで
つま先などは白くカビ始めていたりで
二十歳になったうちの姪っ子風に言えば
この靴ヤバくね?
くらいな感じでした。

今日の出勤はとても気持ちよく
清々しい朝でした。


実際の作業はトータルすると
一時間くらいだったと思います。

水洗いの出来ない革もうあるそうなので
その辺は調べてお気をつけてですが
みなさんも是非一度試されてみてはいかがでしょう。

やってみたら意外と簡単ですよ。



8,000円得をしたので
焼き鳥屋行きたい。


しかし
50歳にもなったので
0がもういくつか付く金額で
悩みたい。


でもDIYで
かなりキレイになったので感動一入(ひとしお)
かなり嬉しい。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック