オムデザイン建築映画大賞2019(パクリ)

01月29日(水) AM10:28



日曜日の午後からは必ずスーパーで
荷物持ち要員としてカートを押しているのだが
カミさんの後ろを付いていたはずなのに
途中で僕が行方不明になり
お惣菜コーナーへ行きイカの唐揚げがあると
どうしてもカートに入れてしまう
オムデザイン建築 水澤です。





毎年
同士 新潟六番会の現庭さんが
その年に観た映画を公表しております。

https://sousui.at.webry.info/201912/article_22.html


と言う事で真似をして・・・



~オムデザイン建築 映画大賞2019~


まずは
2019年度の映画館での鑑賞数です。


<洋画> 30作品

<邦画> 18作品

<合計> 48作品


こんなに観に行っているとは
自分でも驚きました。

この他に自宅鑑賞もあるので
合計するとよく分かりませんが
これもひとえに50歳を過ぎて
鑑賞料金がかなり安くなったこと
これに尽きます。
(ユナイテッドシネマにて)


【最優秀映画賞】

<洋画部門>

悩むなぁ~。
1本だもんなー。

んーーー。

これだな!

『アリータ』


大好きな数々のMARVEL作品を抑え
これにします。


青森の大金を持ってチリに高飛びした
やり手のオバちゃんじゃないですよ。
あれはアニータ。



アリータ。

もう一度映画館で観たいですねー。

映像も素晴らしくキレイだったし
迫力もあった。
主人公の人造人間アリータも
悲哀のヒロイン可愛かった。


次点は
『イエスタディ』
『ホテル・ムンバイ』




<邦画部門>

これは洋画以上に悩む。

逆の意味で。



洋画は候補がいくつかあって悩む。

邦画はコレといったのが浮かばずに悩む。


んーーー。

んんんんーーーーー。

んんんんんんーーーーーーー。



『凪待ち』


かな。

香取くん主演の。


香取くんの演技がなかなか良かった。

彼 演技上手いですね。

人間の弱さ
狂気と紙一重の中でモラルを保つ
そんな人間の様を見事に表現していました。

これからは
どんどんスクリーンに出て欲しいと思います。


そして脇役にはリリー・フランキー。

基本
リリーさんが出ていれば間違えない
そんな感じが僕にはあります。

狂気的な映画には
リリー・フランキーは欠かせない。


次点は
『カツベン!』
『記憶にございません!』



~ごめんなさいの駄作賞2019~


これは本当に僕の主観ですので
苦労して作品を作った関係者の方々
ごめんなさい。


じゃー書くなや!
って感じなのですが
ごもっともなのですが

でもでもでもでも書いてみます。


<洋画部門>

ダントツの

『チャイルドプレイ』


昔にホラーにハマった時期が有り
これは前作観てます。

ガキ使で山ちゃんの
チャイルドプレイを観ている方が面白い。



<邦画部門>

これは少し悩みましたが
全国民お女性のを敵に回しそうですが・・・


『マチネの終わりに』


多くいるであろう福山雅治ファンの皆さん
ホントごめんなさい。

お前がゆーな!
お前は何モンじゃ!

ですよねですよねー!
ホントですよ。


でも
やはりこれかなぁ。

なんと言うか
観た後にも
なにも残らなかったんですよね。

福山雅治さんはちょー格好良いですよ。
僕と同い年とは思えないあの腹。

まぁ
僕はやはりあの手の映画に向かない
という事ですね。

基本的に恋愛映画は観ませんが
特に観たい映画がない時には
気まぐれで行ったりします。





しかしよく観たなぁ。

休日の2/3近くは映画に行っているのでしょうか。

大丈夫でしょうか?

大丈夫です。


たま~~~に

「そんなに映画ばかり観てヒマなんだね。」

なーーーんて言われる事がありますが
それはさすがの仏の水澤でも
ちょっと異議申し立てですね。

映画を観たくて時間を作っている訳で
趣味の時間を作るのと一緒。

その人が映画に重きを置いておらず
数年に一度ヒマな時に映画を観る
その感覚とは違うのですよ。

そして訂正ですが
僕は仏の水澤とは言われたことは
ありませんでした。。。

そして日曜日も
確かにヒマっちゃーヒマかも(笑)





と言う事で
今年もすでに面白かった映画がありましたし
待ち遠しい映画もありますし
ジャカスカ観たいと思います。


ただ
昔のブログにも書いたのだが
映画館でポップコーンを売るのは
止めてくれ。

うるさくてかなわない。

映画館でホットドックを売るのは
止めてくれ。

臭くてかなわない。


どうしても館内で何か食べたいなら
臭も音もしない はんぺんでも売って
それを食べてて欲しい。



そして僕は今度の日曜日も
朝一番から映画館にいることでしょう。

でも
はんぺんは食わない。

D0DmM0hU0AAow4h.jpg






"オムデザイン建築映画大賞2019(パクリ)" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: